婚活サイトよりも出会い系サイトの方が人気!

出会い系サイトが婚活サイトより人気の理由は?

「婚活」という言葉が世間に認知されるようになりましたね。

 

一方で、「出会い系」という言葉は、何処か怪しいイメージがつきまとっています。

 

なのに、実際は、婚活サイトに登録して恋活・婚活するよりも、イククルのような優良な出会い系サイトに登録して活動する方がハードルが低いので、多くの人が出会い系サイトを利用しています。

 

これには様々な理由が考えられますが、婚活サイトの場合、写真を掲載する必要があったり、職業や収入を自己申告したりする際にあまり嘘を書けないようなシステムになっている部分も大きいと思います。

 

やはり男女ともに、見栄えがイイとか、経済的に豊かであるというような、ある程度自分に自信があって、かつ、不特定多数の人に婚活をしていることをオープンにできる人は婚活サイトで活動するメリットが大きいといえます。

 

一方で、周囲に自分自身が婚活をしていることをバレたりするのが嫌だったり見た目てきに残念な場合稼ぎが少ない場合は、わざわざ顔出しして見バレする婚活サイトよりも、顔出しせずに異性との出会いを探せる出会い系サイトの方へ登録するようになります。

 

また、婚活サイトの場合は、「婚活」=「結婚」というイメージがありますので、結婚を視野に入れたお付き合いをしたい男女が登録する傾向にあるのですが、まずは「恋愛」をしてから、その先の「結婚」を考えようという人の場合は、気軽な出会い系サイトの方を選択するようになるんです。

 

つまり、ネットでの出会いにおいても、「恋愛」して「結婚」を望む人が多いからだと思います。

 

婚活サイト、出会い系サイト、それぞれの特徴はありますが、ネットでの出会いは、昔と比べて出会いの場を身近にしてくれました。

 

以前は、異性と出会う場所は、職場や友達の紹介合コンに参加するとか、ナンパするなど、リアルな場所で行動しないと出会いは得られませんでした。

 

リアルな出会いの場に出向いて、積極的で人当たりが良く社交性のある人は出会いに恵まれますが、内気で生真面目は性格だと、リアルな場所だけでは出会いのチャンスが極端に無くなります。

 

さらに、年齢的にも、40代にもなってくると、リアルな出会いのチャンスは激減します。

 

そのようなリアルでの出会いが少ない中高年でも、スマホが普及して、SNSで様々な人と出会えるようになった今の時代、出会い系サイトに入会する人が多くなるのは必然です。

 

なお、婚活サイトは、出会い系サイトに似てはますが、まったく違うものです。

 

昔からリアルにあった「結婚相談所」のWeb番が婚活サイトになります。

 

婚活サイトに登録するのには、審査があって、未婚者であることの証明(過去の婚姻歴)家族構成収入や財産の状況など、細かい情報の記載が必要になりますし、登録の費用が数万円〜数十万円必要な場合もあります。

 

したがって、同じ「結婚」という目的であっても、出会い系サイトの方を選択する人が多いのが現状です。

 

イククルのような出会い系サイトは、恋愛からスタートして結婚を視野に入れている人や結婚は考えてないけど恋愛したい独身者、結婚してるけど異性と出会いたい既婚者など、恋愛のために気軽に出会いたい人にオススメします。

 

⇒ 出会い系サイト「イククル」詳しくはコチラです

page top